日刊アズマガ

新たな才能、この世紀に爆誕よ?

私の理想は過去の幻想の夏にあることは確からしくて仕方がない

私は夏のあの日が恋しくて恋しくて仕方がない。しかしその日はただの理想であり幻想であり虚無的であり現実には起こっていない出来事、そして未来永劫起こり得ない出来事でもあり、それがまた誰かが経験したことのある特別な日なようでそれでいてその人から…